エゾシャクナゲ(蝦夷石楠花)

【特徴】
 6月下旬から7月にかけて、山麓、山腹の林内などに咲く。
 高さは1〜3mになる。
 撮影・・・三国山
【名前の由来】
 エゾとは北海道のことで、シャクナゲとは枝が曲がりくねっていて真っ直ぐなところが1尺もないことからついた。
inserted by FC2 system