キンミズヒキ(金水引)

【特徴】
 7月〜9月にかけて、林の縁や原野、道端に咲く。
 高さは50cm〜1mになる。キンミズヒキはタンニンを多く含み、下痢止めなどの薬草になる。
【食べ方】
 「おひたし」「油炒め」で食べることができる。
 薬用効果もあり、乾燥させたものを煎じて飲むと「下痢止め」や「口内炎」に効く。
【名前の由来】
 キンミズヒキとは直立して伸びた茎咲きの様子が金色の水引を思わせることからついた。
inserted by FC2 system