タカネトウチソウ(高嶺唐打草)

【特徴】
 7月〜8月にかけて、高山の湿った草地やレキ地に咲く。
 高さは40〜80cmになる。
 撮影・・・暑寒別岳(増毛町)
 
【名前の由来】
 タカネとは山の高いところに咲くことで、トウチ(唐打)とは中国伝来の「打ち紐」で花の様子がこれに似ていることからきている。
inserted by FC2 system